【2024年最新】FXが向いている人と向いていない人の特徴を解説。

【PR】この記事には広告を含む場合があります。 
Pocket

最終更新日 2024年3月23日

一般的にFXは「簡単に稼げる」と言われたり、「リスクが高いからやめたほうがいい」と言われたり、人によって印象は異なっているでしょう。

実際、FXで勝ち続けることは難しく、それはつまりFXで稼ぐのは難しいという意味でもあります。

ですが、FXにはいつまでも勝てない人がいる一方で、長期的に勝ち続けられる人も少なからずいるのも事実です。

では、勝てる人と勝てない人の差は一体どこから生まれるのか?

それは、FXに向いているか向いていないかによります。

FXで勝ち続けられる人は、ほとんどがFXに向いている特徴を備えているのです。

今回のコラムでは、FXが向いている人と向いていない人の特徴を解説していきます。

 

FXが向いている人の特徴4選

どんなことにも向き不向きがあるように、FXにも向いている人と向いていない人がいます。

FXに向いている人は長期的に勝ち続けることができ、FXに向いていない人は勝てても長くは続かないか、いつまで経っても勝てないままで終わることが多いです。

では、どういう人がFXに向いていると言えるのか。

具体的には、FXが向いている人の特徴は以下の4つです。

  • 自分の頭で考えて試行錯誤ができる
  • 感情のコントロールが得意
  • 自制心が強い
  • 過剰にお金に執着しない

詳しく見ていきましょう。

 

自分の頭で考えて試行錯誤ができる人

FXに向いている人は、自分の頭で考えて試行錯誤ができる人です。

まず第一に、FXで勝つためには試行錯誤が絶対に必要です。

以下の記事で詳しく解説しているように、FXは長く続けていれば勝てるわけではなく、「まずやってみる⇒失敗する⇒何が悪かったのか考える⇒どうすればいいのか解決策を考える⇒実行する⇒また失敗する⇒何が悪かったのか考える」という試行錯誤のサイクルがなければいつまで経っても勝てるようにはなりません。

FXは一度勝てるようになればそれで安泰というものではなく、常に手法の改善点などを見つけて、トレードスキルを上げていかないと生き残れないものです。

チャートは人間の感情と心理の集合体なので、FX参加者の心理や行動が変われば今まで効果的だった手法が通用しなくなるときが必ず来ます。

そうしたとき、自分の頭で考えて試行錯誤できる人でなければ、なぜ連敗しているのかがわからずに勝てなくなってしまうでしょう。

  • FXに向いている人⇒手法が通用しなくなると、どうして通用しないかを考え、手法をアップデートできる。
  • FXに向いていない人⇒手法が通用しなくなっても気づかず、どうして通用しなくなったのかわからず、同じ手法で負け続ける。

FXで勝てない理由については、以下の記事でも詳しく解説しているので、興味がある人はぜひ読んでみてください。

たとえば、為替は株と違って外的要因の影響が読みにくいですが、ファンダ面で明らかに強い要因があるときにはテクニカル手法が通用しなくなるときがあります。

そのときに試行錯誤して部分的に手法を変えたり、その時期の相場に合わせて最適な戦略を立てられるかどうかは、その人の性格に左右されるでしょう。

FXや相場においては常に試行錯誤が求められ、ひとつの手法でずっと生き残れるほどFXの世界は甘くありません。

 

感情のコントロールが得意な人

FXに向いている人の2つ目は、感情のコントロールが得意な人です。

実際、FXと感情は切っても切れない関係にあります。

チャートはFX参加者の感情の集合体でもあり、人間の感情と心理によって相場やチャートが作られています。

FXで勝つためには、うまく感情をコントロールし、ほかの人が動揺するときにも冷静でいなければなりません。

たとえば、連敗しても冷静でいられる人、負けても気にならない人は感情のコントロールに長けていると言えます。

方、負けてイライラする人、勝って調子に乗る人、連勝して浮かれた気分になりやすい人は感情のコントロールがあまりうまくありません。

  • FXに向いている人⇒連敗しても冷静でいられる人、負けても気にならない人。
  • FXに向いていない人⇒負けてイライラする人、勝って調子に乗る人、連勝して浮かれた気分になりやすい人。

日常生活の中では感情は大事なものです。

ですが、FXをやるのであれば、感情をしっかりコントロールしなければ負けてお金を失うことになります。

FXは熱くなりやすい人、冷静さを失った人からお金を奪い取る場所なのです。

以下のコラムでもトレード心理について詳しく解説しているので、興味がある人は読んでみてください。

 

自制心が強い人

FXに向いている人の3つ目は、自制心が強い人です。

FXで勝ち続けるには規則正しい生活が鍵ですが、自制心は規則正しい生活を送るためにも必要なものです。

筆者の知り合いのトレーダーは、毎日好きな時間に寝て起きて、好きなように遊びながらFXをやっていましたが、1年もしないうちにどんどん資金を溶かし、結局は元の会社員に戻る結果となっています。

彼は「自分には専業は無理だった。自制心がないから毎日ダラダラした生活をして、トレードも適当になって負けまくった」と言っていました。

FXに限らず、フリーランスでも自制心がないためにダラダラした生活を送り、結局やっていけず会社員に戻る人がたくさんいると聞きます。

それはすべて、自制心のなさによるものです

自制心がないと
  • 感情に任せたトレードになりがち。
  • 生活が乱れてトレードも適当になる。
  • トレードルールを守れず、ポジポジ病になってしまう。

FXにおいては、自制心のなさは損失につながります。

せっかくトレードスタイルを持っても、それを守るためにも自制心は必要であり、自制心がなければ適当なトレードを繰り返したり、ポジポジ病になってしまうでしょう。

生活が乱れればメンタルも乱れ、感情に振り回されたトレードをしがちになります。

自分がFXに向いているかどうかは、自分の感情をコントロールできるかどうか、規則正しい生活を送れるかどうか、トレードスタイルを守れるかどうか判断基準にしてみましょう。

 

過剰にお金に執着しない人

FXに向いている人の最後は、過剰にお金に執着しない人です。

FXはお金を稼ぐことを目的にやるものなのは間違いありませんが、過剰にお金に執着している人はFXに向いていません。

FXはトレード1回で数千円~数万円(ロットによって変わる)のお金が増えたり失ったりしますが、お金に執着すると冷静にトレードすることが難しくなります。

どんなに感情のコントロールに長けた人でも、負けてお金が減ると嫌な気持ちになるものです。

そこで冷静さを取り戻し、いつも通りの感情でトレードできるかどうかは、元々のその人の性格に左右されます。

  • FXに向いている人⇒負けても冷静さを取り戻るのが早く、次のトレードも冷静。
  • FXに向いていない人⇒負けてると落ち込み、次のトレードまで影響する。

お金に執着し、お金のことばかり考えている人は、トレード1回にかける想いが強く、勝っても負けても感情が大きく動きます。

一方、そこまでお金に執着していない人は、勝敗で感情が動いても冷静さを取り戻すのが早いです。

冷静さを失うとチャートを見る目も変わり、何もないところでもチャンスがあるように見えてしまい、ポジポジ病にもつながります。

ポジポジ病の対処法は以下のコラムで解説しているので、ぜひ読んでみてください。

私生活などでも、オンオフの切り替えが得意な人はFXに向いていると言えるでしょう。

お金への執着心は「どれぐらい資金があるか」にも左右されますが、資金に余裕がない人は感情的になりやすいです。

そのため、トレードでの感情の起伏を最小限にするためにも、FXは余剰資金でやるのも大事なことだと言えます。

 

FXが向いてない人の特徴

ここまでは、FXが向いている人の特徴を解説してきました。

ここ数年でFXに興味を持つ人は増えていますが、FXを始めて失敗する人も多いです。

しかし、FXで失敗する人は根本的にFXに向いていないことが多く、向いていない人はいくつか特徴があります。

ここからは、FXに向いていない人の特徴を見ていきましょう。

  • FXをやる理由が曖昧
  • 負けたらすぐやめる
  • 余剰資金がない
  • 聖杯ばかり求める

詳しく解説していきます。

 

FXをやる理由が曖昧

FXで失敗する人は、FXをやる理由が曖昧な人が多いです。

FXは株式投資とは違い、社会や企業に貢献しているわけでも、誰かの役に立っているわけでもありません。

FXはお金を稼ぐためにトレードし、自分の判断が正しかった証としてお金を儲けるもの。

つまり、FXはお金を稼ぐことがすべてです。

さきほども言ったように、お金だけに目が眩むとトレードにも欲が出て、お金を稼ぐどころか負けることのほうが多くなります。

ですが、FXをやる以上は「お金を稼ぐこと」を目的にし、その目的に向かってチャート分析や検証など、やるべきことをちゃんとやらなければなりません。

FXで負ける理由のひとつに「検証が圧倒的に足りていない」ことが挙げられますが、詳しくは以下の記事を読んでみてください。

軽い気持ちでFXを始める人は「FXでなければダメな理由」がないため、真剣にFXに取り組むことができていません。

お金を稼ぐことを目的にしつつ、お金を稼ぐ方法が「FXでなければダメな理由」もしっかり考えることが軸のブレないトレードをするためにも大事です。

しかし、稼ぐことしか頭にないのも問題で、それはそれで別の問題も生じるので注意しておきましょう。詳しくは以下のコラムを読んでみてください。

FXをやる理由がいつまで経っても曖昧な人は、FXに向いていない可能性が高いです。

 

負けたらすぐにやめる

FXをやるのであれば、負けてお金を失うことは避けられません。

ですが、FXに向いていない人は負けたらすぐにやめてしまいます。

チャートは基本的にランダムウォークで、数時間後に上がるか下がるかは誰にもわかりません。

株式投資では企業分析と財務諸表を読み込み、あらゆる点から会社の価値を見極めてから投資をします。

一方、FXはチャート分析を通じ、ほんの少しだけ優位性が高いポイントを見つけてトレードをするのが基本です。

FXでの優位性の見つけ方については、以下のコラムで詳しく解説しているので、興味がある人はぜひ読んでみてください。

そして、FXは手法だけでなくメンタル面もかなり重要で、たとえ負けたとしても感情的にならないように努力する必要があります。

多くの人は負けてお金を減らすと「FXで勝つのは無理だ」とすぐ諦めてしまいますが、それはエントリーポイントが悪かったか、運が悪かっただけの話で、FXは勝てないということではありません、

FXでそれなりに勝てるようになるまでは半年~数年かかるのが普通です。

  • デモトレードからはじめ、毎日ひたすら検証して少しでも優位性が高いところを見つけることに時間を費やす。
  • 水平線の引き方や移動平均線の使い方、ダウ理論やボリンジャーバンドなどさまざまなものを使い、少しずつ自分なりの手法を確立していく。

FXはこの時間がとにかく長いです。

FXをやってる人の9割が負けていると言われますが、FXを始めて数ヶ月で挫折する人も9割近くいるでしょう。

「怠惰を求めて、勤勉に行き着く」

勝つために勤勉になれない人は、FXに向いていないと言えるでしょう。

 

余剰資金がない

直接FXのセンスには関係ないかもしれませんが、余剰資金がない人もFXに向いていません。

というのも、FXで失敗する人の多くは余剰資金を持っていない人がほとんどで、なけなしのお金でFXをやっている人が多いです。

株式投資を始めるにもある程度資金が必要ですが、FXではレバレッジをかければ少ない資金でも大きな利益を上げることができるため、少額から始める人もいます。

FXの魅力

お金がなくてもレバレッジをかければ大きな利益を上げられる。

証券会社によっては1万円あればトレードすることも可能で、参入のハードルは株式投資よりも低いと言えるでしょう。

ですが、FXをやるのであれば最低でも10万円以上の資金を用意しておくべきであり、その資金は必ず「余剰資金」であることが絶対条件です。

もちろん、やり方によっては少額から始めるという手段もアリかもしれません。

しかし、その場合でも必ずデモトレードから始めるようにし、デモトレードで安定して勝てるようになるまではリアルトレードは絶対にやってはいけません。

そのほかにも、FXがまずやることを以下の記事でまとめているので、興味がある人は読んでみてください。

FXは必ず余剰資金でやるようにしましょう。

 

聖杯ばかり求める

FXには聖杯はありませんが、FXに向いていない人は聖杯ばかりを求めがちです。

聖杯とは「絶対に勝てる手法」「実践すれば負けない手法」という類のもので、FXで負けている人の中には「これさえ知れば勝てる」「勝てないのは良い手法を知らないからだ」と勘違いしている人がたくさんいます。

ですが、ライアーゲームとは違いFXに必勝法なんてものはなく、聖杯なんてものも存在しません。

テクニカル手法を使うことで、適当にエントリーして勝率50:50の状態よりも高くすることは可能ですが、それでも絶対に勝てる手法はありません。

実際、長期的にFXで勝っている人でも連敗は日常茶飯事であり、負けるときは負けます。

FXに必要なのは必勝法や聖杯ではなく、安定的に勝てる考え方とトレード戦略です。 

FXに向いていない人は負けるとすぐに「この手法はダメだ」と思い、次から次へと新しい手法探しの旅に出ます。

それではいつまで経っても相場観は鍛えられず、手法を洗練させて自分のものにすることもできません。

FXにおける聖杯とは、ある意味「考え方」とも言えます。

FXで聖杯や絶対的なものを求めると、失敗する運命にあることを覚えておきましょう。

 

まとめ

今回のコラムでは、FXが向いている人と向いていない人の特徴を解説してきました。

FXに向いている人には、以下のような特徴があります。

  • 自分の頭で考えて試行錯誤ができる
  • 感情のコントロールが得意
  • 自制心が強い
  • 過剰にお金に執着しない

特に自分の頭で考えて試行錯誤ができることは、FXで勝つためには必須条件です。

また、普段から感情的にならずに冷静に物事を判断、決断できる人もFXに向いていると言えるでしょう。

一方、FXに向いていない人は、以下のような人です。

  • FXをやる理由が曖昧
  • 負けたらすぐやめる
  • 余剰資金がない
  • 聖杯ばかり求める

どんなことでも向いていないことはうまくできないのが当たり前で、FXでもそれは変わりません。

ましてや、FXでの失敗はお金を失うので、自分が向いていないと思うのであればやめておいたほうが賢明です。

逆に、自分がFXに向いている人の特徴を持っているのであれば、地道に検証や分析を続けていれば勝ち組になる日はそう遠くはないでしょう。

自分の向き不向きを判断することは、結果を出すために何よりも大事なことなので、ぜひ参考にしてみてください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です